HOMEBHWEWell-being
BXO Well-being とは?

従業員の健康・業務状況を把握し
身体とメンタルを支援

「BXO Well-being」は、健康・メンタルケアを支援していくサービスです。対面コミュニケーションが減少したことによって部下の勤務状況が把握しにくくなり、マネージャーによる部下のメンタルケアが難しくなっています。また社員自身によるメンタルコントロールもこれまでよりも難しくなってきています。これらを解決すべく、業務状況(AP利用状況/残業状況等)や生体情報(体温、心拍、発汗量、声色、等々)から業務負荷、メンタル状態を可視化することで、社員個人及び社員間の健康管理・メンタルケアを行うことができます。従業員が心身ともに健康で安心して仕事に取り組める環境作りを支援します。

XR技術を活用しメタバース空間でのコミュニケーション
XR技術を活用しメタバース空間でのコミュニケーション

本カテゴリーで提供するサービス:

詳細はこちら

声の状態を可視化し
従業員の心身の健康状態を把握

MIMOSYSは、無自覚で行われる声帯の不随意反応に着目し、声の周波数の変動パターン等から心状態を分析し可視化します。本人も気づきにくい声の状態を可視化する音声解析エンジンを搭載し、声帯の不随意反応による音声の周波数特性等を短時間で解析することができます。
MIMOSYSが求められる理由として、コロナ禍で全従業員の約半数以上はメンタルに不調を感じ、管理職もリモートワークにより部下の管理が難しくなったことが挙げられます。従業員が心身ともに健康で安心して仕事に取り組める環境作りが重要です。

コンプライアンス要件を満たさない未認可クラウドがセキュリティリスクに

ストレス反応を日々センシングし
高ストレス者を顕出

ハイブリッドワークが定着した今、従業員の日々の健康状態を知ることは難しく、特にメンタルの変化に気づくことは本人すら気づかない場合があります。MIMOSYSは、手軽に心の健康を可視化することで、利用者自らがセルフケアに取り組み、不調の一次予防に繋げることができます。また企業もストレスを持つ従業員をいち早く顕出し適切なケアをすることで、休職や退職、生産性の低下を未然に抑止することができます。

詳細はこちら

従業員の業務を可視化し
個人や組織の改善に繋げる

Qaseeを活用することにより、従来の感覚によるマネジメントではなく、データを活用した組織的なマネジメントを行うことができます。データを活用することにより、課員(伝達者)の表現能力に依存していた情報の質、量を客観的に把握することができ、業務管理の効率化を図れます。Qaseeが収集し分析したデータ結果はマネージャーのみならず社員全員で共有することができ、社員全員でカイゼンサイクルを回すことによって、より良い業務分担、公平な評価等を行えるようになり、組織的なマネジメントを行うために役立ちます。

Qasee

働き方をデータ化することで
業務改革の適切な次の一手を分析

これまで従業員の業務状況の把握は、一人ひとりへのヒアリングや業務レポートなどを通して行われてきましたが、それらの情報からは業務課題が見つけにくいといった課題がありました。Qaseeは、従業員のワークスタイルを正しく把握することで、セルフマネジメントによる効率的な業務実施につなげたり、業務システムの稼働状況をモニタリングすることで、ライセンス数やユーザーの最適化を可能にします。

資料ダウンロード
お問い合わせ
メールマガジン登録