BXO Managed Workspace Security

CASBユースケース

BMWS

オンプレミス/マルチクラウド混在環境でシャドーITの
セキュリティリスクを回避、安全かつ利便性の高い業務環境を維持

社内から個人アカウントを利用したクラウドサービスへのアクセスや、無料クラウドストレージで社外とのファイル送受信を行うケースが増加するなど、システム管理者が把握できない「シャドーIT」による情報漏えいのリスクが高まっています。またテレワークの普及によりその危険性は増しています。BXO Managed CASBを導入しクラウドサービスの利用を可視化することで、危険なサービスの利用制限や企業データの社外共有などを監視・制御することで、セキュアで安心なクラウド利用環境を実現します。

社内から個人アカウントを利用したクラウドストレージで
取引先や自宅に業務データを送受信するケースが増加。
シャドーITを把握し、利便性を損なわず安全なクラウドサービスの運用をしたい。

BXO Managed CASB導入前

利用するクラウドサービスを監視・制御することで
機密情報のアップロードを防ぐことができた。
業務の利便性を損なうことなく、安全にクラウドサービスを利用できる環境を構築できた。

BXO Managed CASB導入後
お問い合わせ
メールマガジン登録