BXO Managed Workspace Security

IDaaSユースケース

BMWS

クラウドサービスの導入で煩雑になった
アカウントを一元管理
シングルサインオンとアカウント管理の負担を軽減

既存の社内システムに加え、新たにクラウドサービスを導入する場合、個人アカウントをはじめ、アクセス権やグループ管理など、より複雑なアカウント管理が必要となります。BXO Managed IDaaSは、サイロ化されたアカウント管理を集約することで、オンプレミスも含めたシングルサインオンを実現。利便性と、システム管理者の運用負担の軽減が図れました。

複数のシステムやサービスを利用しているが、
それぞれのアカウント管理が大きな負担となっている。
また社員が同じパスワードを使い回していることもセキュリティ上問題がある。

アカウント管理を一元化することで、社員の入退社や異動時でも迅速に、
かつ間違いなく変更することができるようになった。
社員も一つのアカウントですべてのシステム/サービスにログインでき、利便性が向上した。