BXO Managed Workspace Security

SDPユースケース

BMWS

境界型の防御からゼロトラストネットワークへ
VPN機器のボトルネックを解消し
快適なテレワークを実現

今まで企業内ネットワークへの接続はVPNが主流でしたが、VPN機器の設置や面倒な設定が必要となり、ユーザーもいちいちネットワークを切り替えなければならず、スムーズな業務とは言えませんでした。しかも外部からネットワークに入ったデバイスは安全とみなされ、すべてのリソースにアクセスする危険な状態でした。BXO Managed SDPは、VPN機器を設置することなく、安全に社内リソースにアクセスできるサービス。社内ADやデバイス認証との連携、きめ細やかなアクセス設定で、出張先はもちろん、在宅勤務などでも、安全な社内データへのアクセスを可能にします。

出張先から社内データを参照したい。移動中でもオフィスの仕事を継続して行いたい。
VPN接続は手間がかかる上、反応が遅いため作業ができない。
簡単かつ快適に社内リソースへアクセスする仕組みは作れないだろうか?

BXO Managed SDP導入前

VPN接続する手間が省け、社内リソースに簡単にアクセスができるようになった。
今まで反応が遅かったデスクトップ環境が速くなり、快適な作業スペースになった。

BXO Managed SDP導入後
お問い合わせ
メールマガジン登録