BXO Virtual Desktop Infrastructure

サーバータイプ

BVDI

用途に適した
サーバータイプ

BVDIは業務や用途に応じてサーバータイプを選択できます。仮想PC型はハイパーバイザー上に複数のOSをインストールするタイプで仮想デスクトップを一人で専有するため、スタンドアローンに近い利用方法が可能です。サーバー共有型は仮想化されたOSやアプリケーションを複数で共有するタイプでOSやアプリケーションを個別に導入する必要がない業務に適し、コストパフォーマンスが高いことがメリットです。また、利用OSは、クライアントOSと、コストをよりおさえたサーバーOSの2種類をご用意しています。こちらも用途に合わせてお選びいただけます。 ※サーバーOSでは動作しないアプリケーションもあります。

サーバータイプの各特長

  仮想PC型
(クライアントVDI/サーバーVDI)
サーバー共有型
サーバー
構成
1台のサーバーを論理的に分割し仮想デスクトップを構築。仮想デスクトップは一人で占有 1台のサーバーを多数のユーザーで共有
特長 スタンドアローンに近い環境のため、動作するアプリケーションの範囲が広く、インストールも可能 コストメリットが高い。マルチセッション未対応のアプリは、アプリ側の改修が必要
用途例 ・一般的なOA環境
・ソフトウェア開発環境
など
・一般的なOA環境
・コールセンターや研修用の環境
など