BVDI

BXO VIRTUAL DESKTOP INFRASTRUCTURE
いつでもどこでも
自由自在な働き方

仮想デスクトップは、いつでも、どこでも、どんなデバイスからでも、オフィスのワークスペースを再現。移動中や外出先でも業務の継続が可能。企業の業務効率と生産性に寄与します。

仮想デスクトップ
サービスラインナップ

導入先に合わせた
最適な構成で提供可能

仮想デスクトップサービスの基本的なアーキテクチャである、仮想化方式と接続方式は複数のタイプをご用意。展開方式もフルクローン、PVS/リンククローンと、お客さまのご要望に合わせて最適な方式を組み合わせてご提案いたします

サーバータイプ

仮想PCには、クライアントOSを提供するタイプと、よりコストをおさえたサーバーOSを提供するタイプの2種類をご用意。業務内容や用途に合わせてお選びいただけます。
※サーバーOSでは動作しないアプリケーションもあります

提供形態

提供形態は3種類をご用意。仮想デスクトップの全機能をクラウドから提供する「クラウドサービス型」。業務情報が含まれる仮想PC環境と管理サーバーを社内に設置する「オンプレミス型」。仮想PC環境は社内に、管理サーバーはクラウドに置き、運用はBXOが行う「ハイブリッド型」は、クラウドサービス型とオンプレミス型それぞれのメリットを併せ持つ提供形態です。企業コンプライアンスに合わせてお選びください。

接続方式

デスクトップの画面転送技術は、Microsoft RDP、Citrix ICA、VMware Blast Extream/PCoIPから選べます。さらに、自由度が高いフルクローン方式、メンテナンス性に優れたPVS/リンククローン方式※の選択が可能です。また、GPU搭載型仮想デスクトップは、オフィス用アプリケーションをはじめ、CAD/BIM/CAEなどより高負荷な描画処理が必要な業務に対応。快適な操作を可能にします。
※PVS方式およびリンククローン方式は、それぞれCitrix ICA、VMware Blast Extream/PCoIPのみに対応しています

展開方式

自由度が高く、開発用をはじめ幅広いアプリケーションに対応するフルクローン方式。コールセンター用途など、業務端末を一元化し運用することで、コスト削減と情報漏えい対策に効果があるPVS方式/リンククローン方式からお選びいただけます。

企業コンプライアンスに
対応したハイブリッド型

コンプライアンスの観点から、社外サーバーに業務情報を保存できない企業のために、業務情報はお客さまのデータセンターに、監視サーバーをBXOデータセンターに配置することで、セキュリティを担保しながら、運用の手間と管理コストの両立を実現します。サービスオーダーポータルアカウントの追加や削除、仮想デスクトップのスペックの変更は、サービスオーダーポータル画面から申請が可能。面倒な手続きを経ずに行えるため、業務状況に適した環境を即座に反映できます。

  • 1仮想デスクトップ環境は「お客さま」のデータセンターに配置

    業務情報をお客さまのネットワーク内部に配置できるため高セキュリティ。お客さまの業務システムに近いネットワーク上に配置することで、業務システムのネットワーク遅延を軽減。

  • 2HCIによる柔軟な拡張性

    サーバー機能とストレージ機能を統合し、高度なスケーラビリティを実現するHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)を採用することで、比較的少ないユーザー単位での導入・増設が可能となり、終局のサイジングを気にすることなく構築することが可能。

  • 3SD-WANの活用でネットワークコストの負担を軽減

    SD-WANを活用することで、通常のキャリア閉域網と比較して低コストで運用回線の敷設が可能。

  • 4お客さまデータセンターに配置した仮想デスクトップ環境の運用をアウトソース

    BXOデータセンターに監視サーバー、運用サーバーを配置しお客さまデータセンターと接続することで外部からの運用監視が可能。