BXO Managed Workspace Security

ゼロトラストネットワーク「BMWS」

BMWSは、多様化するサービス、ネットワーク、デバイスなど、あらゆるセキュリティリスクに対応します。ゼロトラストネットワークをベースにした統合セキュリティ基盤です。

BMWS

ゼロトラストネットワーク「BMWS」とは

利便性の高いクラウドサービスの導入が増加している現在、不正利用など情報セキュリティの新たなリスクが高まっています。さらにテレワークでの業務も増加していることから、社外で利用するデバイスの保守・管理の対応も求められています。BMWS(BXOマネージドワークスペースセキュリティ)は、クラウドサービスの利用状況の可視化やアクセス制御、ID管理やデバイスの監視と運用、データバックアップなど、さまざまなセキュリティリスクに対応したクラウド型セキュリティ基盤です。

ゼロトラストネットワーク「BMWS」とは

BMWSで実現するゼロトラストセキュリティ

こんな課題はありませんか?

CASE1

クラウドサービスやテレワーク導入を進めたものの、
漠然とセキュリティが不安。

抱えている課題

個別製品がセキュリティ基準を超えていたら一旦OKとして、導入を進めてきたものの、今まで社内は安全、社外は安全じゃないという境界をつけて社内システムを運用していたため、社外環境の利用が増えたことで漠然と不安があります。

解決へのアプローチ

今後もクラウドサービスやテレワークを活用していくのであれば、境界型の考え方では通用しなくなってきていることを認識して、新たなアプローチとして、ゼロトラストという概念を自社の環境にどう取り入れていくかを考えていくとよいでしょう。

CASE2

テレワークの頻度が増え、ZOOM会議や、コミュニケーション用の
クラウドサービスの利用が増加に伴うNW関連機器の増設が大変。

抱えている課題

仕事で使うインターネット通信は社内のプロキシを経由してつなげる構成をとっており、テレワークをきっかけにもともと想定していた通信量以上の利用が増えました。負荷をかけて通信していると、それが原因で遅延してしまうことが多く、利用者からの声を受けてプロキシの増設作業に追われて大変です。

解決へのアプローチ

社内のプロキシがつまっているだけで、インターネット上のサービスに問題がないのであれば、インターネット環境上には直接アクセスしに行ける構成をとることで解消できます。通信を制御せず使うわけではなく、プロキシ自体を拡張性のあるクラウドサービス利用とすることで、通信を円滑にすることが可能となります。

CASE3

ゼロトラストに向けて動き出したいのだが、
どこから手を付けていいかわからない。

抱えている課題

ゼロトラストの概念に共感して、導入を進めたいと思ってはいるものの、ゼロトラスト製品というものはなく、簡単に入れることができないとわかりました。その概念に向けて複数の要素を組み合わせるため、自社の環境にはどの要素が必要なのか、その要素間が連携できるのかなど気になることが多く、結局前に進められなくなってしまいました。

解決へのアプローチ

一気に環境を構築するというよりも、製品を入れ替えながら段階的に要素を加えていく動きになることが多いため、何のためにゼロトラストを導入したいのかという課題があれば、経験のある人のサポートを得て早めに着手したほうが良いでしょう。グランドデザイン構想から、実際の導入・運用まで一気通貫でサポート体制のあるコンサルティングの検討がお勧めです。

BMWSの強み

BMWSは、企業の安全なクラウド利用をサポートするセキュリティ基盤です。利用端末はクラウド上のBMWSを経由して各サービスやリソースにアクセスするため、テレワークや移動中の業務のセキュリティも確保します。導入時のコンサルティングから監視サービスまで、企業に合わせた最適なセキュリティをサポートいたします。

  • ベスト・オブ・ブリードでゼロトラストネットワークを実現

    世界の市場動向などを踏まえた最先端、かつ製品同士の連携が取れることも条件に、ベスト・オブ・ブリードでゼロトラストネットワークの概念を実現できるオファリングを構成しています。

  • 最新のセキュリティ基盤のコンサルティングサービス

    ゼロトラストの勉強会からあるべきセキュリティの姿を描き、段階的な導入から実現まで一括してサポートいたします。

  • さまざまなセキュリティ製品を一括して運用管理

    BMWSは複数のセキュリティ製品で構成。一括したマネージドサービスで、IT管理の手間を軽減、安心してお任せいただけます。

BMWSの機能を組み合わせ
ゼロトラストネットワークを実現

クラウドサービスの利用拡大が進み、これまでの「社内ネットワークは安全である」「ネットワークの入口と出口をチェックする」といった従来の考え方ではセキュリティ対策は十分と言えなくなっています。より巧妙化するウイルスやサイバー攻撃、フリーWi-Fiなどへのセキュリティ対策も必要です。BMWSは、ネットワークやデバイス、ロケーションなどを一切信頼しない、常に検証するゼロトラストネットワークの概念を取り入れ構築することで、より強固なセキュリティ基盤を実現しています。

BMWSによりゼロトラストネットワークを実現
お問い合わせ
メールマガジン登録