BXO Managed Workspace Security

ゼロトラストネットワーク「BMWS」

BMWSは、多様化するサービス、ネットワーク、デバイスなど、あらゆるセキュリティリスクに対応します。ゼロトラストネットワークをベースにした統合セキュリティ基盤です。

ゼロトラストネットワーク「BMWS」とは

利便性の高いクラウドサービスの導入が増加している現在、不正利用など情報セキュリティの新たなリスクが高まっています。さらにテレワークでの業務も増加していることから、社外で利用するデバイスの保守・管理の対応も求められています。BMWS(BXOマネージドワークスペースセキュリティ)は、クラウドサービスの利用状況の可視化やアクセス制御、ID管理やデバイスの監視と運用、データバックアップなど、さまざまなセキュリティリスクに対応したクラウド型セキュリティ基盤です。

BMWSで実現するゼロトラストセキュリティ

BMWSの強み

BMWSは、企業の安全なクラウド利用をサポートするセキュリティ基盤です。利用端末はクラウド上のBMWSを経由して各サービスやリソースにアクセスするため、テレワークや移動中の業務のセキュリティも確保します。導入時のコンサルティングから監視サービスまで、企業に合わせた最適なセキュリティをサポートいたします。

  • ベスト・オブ・ブリードでゼロトラストネットワークを実現

    世界の市場動向などを踏まえた最先端、かつ製品同士の連携が取れることも条件に、ベスト・オブ・ブリードでゼロトラストネットワークの概念を実現できるオファリングを構成しています。

  • 最新のセキュリティ基盤のコンサルティングサービス

    ゼロトラストの勉強会からあるべきセキュリティの姿を描き、段階的な導入から実現まで一括してサポートいたします。

  • さまざまなセキュリティ製品を一括して運用管理

    BMWSは複数のセキュリティ製品で構成。一括したマネージドサービスで、IT管理の手間を軽減、安心してお任せいただけます。

ゼロトラストネットワークを導入した
BMWS

クラウドサービスの利用拡大が進み、これまでの「社内ネットワークは安全である」「ネットワークの入口と出口をチェックする」といった従来の考え方ではセキュリティ対策は十分と言えなくなっています。より巧妙化するウイルスやサイバー攻撃、フリーWi-Fiなどへのセキュリティ対策も必要です。BMWSは、ネットワークやデバイス、ロケーションなどを一切信頼しない、常に検証するゼロトラストネットワークの概念を取り入れ構築することで、より強固なセキュリティ基盤を実現しています。