BXO Managed Workspace Security

BXO Managed UEM

BMWS

UEMとは?

UEM(Unified Endpoint Management)が提供する統合エンドポイント管理は、企業内のデバイスを一括して管理・運用する機能を提供します。エンドポイントとはPCに限らず、スマートフォン、タブレット端末など、業務で利用するさまざまなデバイスやOSすべてを指します。BXO Managed UEMは、米VMware社「Workspace ONE」、米Microsoft社「Intune」、米Jamf社「Jamf Pro」の製品を活用し、一つの管理画面からあらゆるデバイス、OS、アプリを効率よく管理。社内をはじめテレワークなど外部環境にあるデバイスの運用管理を実現します。

UEMの機能・特長

従来、業務用端末のキッティングは管理者がOSのイメージを作り手動で行っていましたが、UEMはWindows/macOS/iOS/Androidのデバイスにインターネット経由でキッティングが可能です。あらかじめUEMにデバイス登録をしておけば、アプリケーション、各種設定、セキュリティポリシーを自動で設定できるため、IT管理の手間を大幅に削減します。またインターネット経由でデバイスの状態を管理できるため、テレワークの社外PCの管理も可能です。

BXO Managed UEMの機能・特長

UEMの導入メリット

利用端末が多様化することで管理が行き届かず、セキュリティ事故が起こりやすい状況になっています。特に社外にあるデバイスの状態がわからないため危険と言えます。BXO Managed UEMを導入することでデバイスを可視化し、常に安全な状態での利用を可能にします。またBXO Managed IDaaSと連携したデバイス認証で、管理負担を軽減します。

BXO Managed UEMの導入メリット
お問い合わせ
メールマガジン登録