BXO Managed Workspace Security

BXO Managed SDP

BMWS

SDPとは?

SDP(Software Defined Perimeter)は、従来のVPNに代わり、セキュアなリモートアクセスを実現するサービスです。昨今のテレワーク急増によりVPN機器にアクセスが集中し、通信が途切れる/接続できないといった、いわゆる「仕事にならない」状況が各企業で多発しました。またVPN機器は不正アクセスを受けやすいため運用が不安視されています。BXO Managed SDPは、クラウドを経由してリモートアクセスを可能にするゼロトラストをベースとした新しい接続方法です。

SDPの機能・特長

SDPはクラウド型のため、テレワーク環境でも社内にいる時と同じように利用でき、VPN接続する動作も不要となります。VPN機器も公開不要のため社内への攻撃を受けることはありません。またユーザー追加にも迅速に対応し、VPNのように機器の性能を考慮する必要はありません。ユーザーやデバイス毎に認可されたサービスのみ接続を許可することで、セキュリティも保たれます。

SDPの導入メリット

利用者にとっては社内リソースへの接続が簡単かつよりセキュアになり、遅延や接続できないストレスから開放された快適な業務環境を提供します。管理者もVPN機器の運用保守の手間が軽減され、またネットワーク機器の構成で悩むことがなくなります。さらにVPN機器や回線コストが不要になることで大きなコストメリットがあります。