CLOUD
APPLICATIONS

クラウドアプリ

導入が容易で利便性の高いクラウドアプリは、仕事で使うICTツールとして企業導入が進み定着しています。クラウドアプリとBMWSを組み合わせることで、より安全な運用が可能となります。

企業導入が進む
クラウドアプリ

ファイル共有、メッセージングプラットフォーム、コミュニケーションなど、従業員同士はもちろん、取引先との連絡や営業にもクラウドアプリケーションを利用し、業務を円滑にし効率化を目指す企業が増えています。特にテレワーク時においては、業務に関わる情報をリアルタイムで共有することや、顔の見える会話で従業員の不安を解消することが重要です。

  • boxロゴ

    box

    世界の主要な企業や政府、自治体などに数多くの導入実績があるクラウドストレージサービスです。

    詳細を見る
  • slackロゴ

    slack

    多くの企業で利用されているメッセージングプラットフォーム。リアルタイムでストレスの無いコミュニケーションが可能になります。

    詳細を見る
  • zoomロゴ

    zoom

    高品質の映像と音声通話により、遠隔にいる複数の相手とテレビ会議を行うためのツールです。

    詳細を見る

クラウドアプリと
BMWSの連携

クラウド導入で利便性が高くなる反面、セキュリティに関する課題は複雑になります。多様なサービス、多数のネットワークやデバイス、さまざまなユーザーがいるため、自由に利用させた場合、不正アクセスやログイン、機密情報のアップロードなど、情報漏えいのリスクも高くなります。クラウド導入時には、製品自体で制御しきれないセキュリティ対策も併せて検討する必要があります。NTTデータでは、BMWSと組み合わせた安全なクラウド利用をご提案することが可能です。

お問い合わせ
メールマガジン登録