クラウドアプリ

CLOUD APPLICATIONS
コラボレーションを
より便利に、円滑

Box

「Box」は、世界の主要な企業や政府、自治体などに数多くの導入実績があるクラウドストレージサービスです。PCやスマートフォンなどデバイスを問わないファイル共有や、企業に必要となるアクセス権限のきめ細やかな設定などで、企業内はもちろんパートナー企業間でも安全な情報共有を可能にします。使いやすさと豊富な機能で、ビジネスの生産効率を向上させるファイル管理を実現します。

Slack

「slack」は、多くのIT企業で導入されているビジネスチャットツール。チームでも、特定の相手でも、リアルタイムでストレスの無いコミュニケーションが可能です。PC、スマートフォンなど閲覧環境のデバイスを選ばず軽い動作が特長。業務で使用している他のサービスと連携させることで、さらなる仕事の効率化が可能となります。メールよりも手軽に使え、チームのパフォーマンスとエンゲージメントを最大化するツールです。

zoom

「zoom」は、映像と音声通話で遠隔の相手とテレビ会議を行うためのツールです。通常、ミーティングは一つの場所に集まる必要がありますが、zoomを使えば、どんな場所、どんなデバイスからでもオンラインミーティングを簡単に行うことができます。高画質のビデオ映像と高音質の音節通話や、さらにテキストや画像、デスクトップ画面を共有することで、より円滑なディスカッションを実現します。

USECASE
#01

Box

安全なクラウドストレージの導入で他企業とのプロジェクトが円滑に進行。

これまでのファイル共有は、メール添付やファイル転送サービスを利用していました。しかし取引業者ごとへの送付や取り扱いファイルの容量制限、またリアルタイムで共有できないため意思疎通が遅れ、プロジェクト進行の妨げになっていました。さらに画像や動画などデータ容量の肥大化によりストレージが圧迫されてくるなど、新たな問題も生じてきました。これらファイル共有のさまざまな問題を解決するため、クラウドストレージサービス(Box)を導入。ファイルをクラウド上に集約することで、同じファイルを取引先と同時に確認できるようになり、意思疎通の時間短縮が可能になりました。また、取引先ごとにフォルダやファイルのアクセス権をきめ細かく設定でき、セキュリティも向上。容量も気にすることなく、プロジェクトが効率良く円滑に進むようになりました。

BEFORE

ファイル共有のため、取引先担当者にメールにファイル添付したつもりが誤送信で別の人に送ってしまった。
無料のファイル転送サービスはセキュリティリスクが高く不安。簡単で安全なファイル共有が必要。

AFTER

Boxの導入で、きめ細やかなアクセス権限の設定で、安心して取引先の担当者とのファイル共有が可能に。
スマートフォンからでも直接ファイルを閲覧できるため、外出先で確認でき、作業効率が大幅に向上。

USECASE
#02

Slack

安全なチャット系コラボレーションの導入で
テレワーク時のコミュニケーション、情報共有もスムーズに。

これまで企業においてはビジネスのスピードアップ、効率化の推進を目指すものの、コミュニケーションは多様化・複雑化し、業務アプリケーションも増え続ける一方。その結果、適切に情報を引き出せないことで、非効率な状況に陥っていました。これらの課題を解決するため、チャット系コラボレーション(Slack)を導入。モバイルでも簡単に連絡をとりあうことができるためコミュニケーションスピードが向上し、組織横断の情報共有やプロジェクト限りの情報共有、情報検索の効率化、履歴が追えるため状況把握もスムーズになるなどコミュニケーション、情報共有がスムーズになりました。

BEFORE

様々な業務システムを導入した結果、問題発生時の一連の流れを複数システムで管理、情報が分散。
関係者間の情報把握に時間がかかり、過去類似事例のノウハウがうまくいかせない状態に。

AFTER

Slackの導入で、問題発生時の情報を関係者へ迅速に展開。
対処策の検討や意思決定までの経緯等も履歴として残せ、今後のノウハウとしても活用も可能に
アプリ連携によりSlackから他システムへ接続でき効率もアップ。